コンサルタントの真の役割とは何か?

 

以前のブログ記事をご覧の人より

 

「人生の伴走者が大切なんですね!」

「人生の伴走ってどういうこと?」

「誰に人生の伴走をしてもらえばいいのでしょうか?」

 

など、「人生の伴走」に関する問い合わせが多かったので、
 
今回はここを掘り下げて書いていきます。
 
 
 以前のブログ記事↓

セミナーにたくさん参加したところで、人は変わることはできない。

 

 

上の写真は、超一流の『勝負文字伝道師』 安田舞ちゃんと。

 

安田舞ちゃんのブログはこちら

 

僕と出会ったとき、彼女は人生の道に迷っていたんよね。そんな舞ちゃんも、わずか4年で世界に羽ばたく日本の女性書道アーティストに。ホンマに素敵なことです。

 

【人生の伴走者】とは…

相手の感情に寄り添って、共に人生を歩む人のこと

 

 

それを仕事としている人の場合、

「〇〇コンサルタント」や「〇〇プロデュース」「〇〇講師」「〇〇セラピスト」等、

 

主に人の心に関わって
仕事をしている人のことを指します。

 

僕もみんなの

「やりたいを叶えて幸せに生きていくお手伝い」をしているということは

「やりたいを叶えるコンサルタント」とも呼べるかも知れへんな。

 

 

僕は、

相手の「やりたいを叶えて幸せな人生を送る」ために

相手の感情と寄り添って、人生の伴走をしているのやけど(^^)

 

 

そのコンサルティングやプロデュース等の

「人生の伴走をする立場にある人」に

とても大切なことが、たったひとつあんねん。

 

 

相手の人生の伴走をする上で

 

たったひとつの

 

大切なこととは、

 

 

常に相手の少し前に

いてあげられているかどうか

 

ということやねん。

 

 

自分が相手の後ろにいても 

前に行かなさ過ぎやし、

 

自分が先に行き過ぎてしまっても、

相手が付いてこれへんよね。

  
 

もちろん、

時には意図的に伴走を止めて

信頼して見てるだけということもあります。

 

 

その中でな、

よくコンサルタントをやられている人達が

陥りやすいパターンは何かというと、

 

自分が先に行き過ぎてしまうパターン やねん。

 

 

僕以外のコンサルをやられている人の

コンサルティングを受けたときに、

 

こういったイヤな経験をした人もいるんちゃうかな?

 

 

アドバイスが一方的過ぎたり、

一般論や正論ばかり言ってこられたり、

 

「こうすればいいのにどうしてやらないのか」

「こうすればうまくいくからちゃんとやってください」

 

などのコンサルをやっている側のただの価値観の押し付けだったり、

自分のことを大切に扱われていない感じがしたり、

……etc

 

 

はっきり言うけどな、

 

それは、

「人生の伴走」とは呼ばないよ。

 

やっている側の

ただの自己満足に過ぎない。

 

 

相手からすると、

 

「勇気くじき」

 

にしかならへんねん。

 

 

人って、

そんなに強くないよ。

 

 

生きてれば、

「どうしようかな…」

って不安になるときだってそりゃある。

 
 
そんな時に
 
その人の少し前にいてあげて 
 
 
「大丈夫、大丈夫」
 
 
って言葉や行動で示してあげる。
 
 
 
できないという気持ちや
どうしようという気持ちがあっても
 
 
 
自分だけは
どこまでも相手を信頼して味方になる。
 
 
 
相手の望む結果を出すために、どんな時も伴走することって
 
ホンマに大事なこと。
 
  
だから、
 
僕は先生とは呼ばれたくないねん。
一緒に歩んでいく仲間やねん。
 
 
伴走している僕を置いて
 
あなたはひとりでもずっと走って行けると
 
僕は信じてる。
 
 
 
例えあなたが
 
怒ったとしても
 
泣いたとしても
 
くじけたとしても
 
悲しんだとしても
 
未熟だったとしても
 
できなかったとしても
 
未来に絶望したとしても
 
 
 
どんな時があっても大丈夫。
 
 
  
その人に
 
「変わりたい!」という気持ちがある限り
 
 
 
僕は
 
どこまでも信じて待つよ。
 
 
あなたらしく幸せに生きて、本当の望みに出会い
 
そして、その望みを叶える。
 
 
 
あなたに「変わりたい!」という願望があるのなら
 
僕はどこまででも伴走し続けるから。
 
  
 
安心して頼ってほしいと、
 
心からそう思う。
 
 
 
「頑張るのに疲れた……それでもまだひとりで頑張ろうとしている人」
 
僕はそんな人が大好きやねん。
 
 
 
過去の僕もそうやって
ひとりでずっと頑張り続けてきたから。
 
 
  
だから、
 
 
僕は
過去の僕のような
 
ひとりでずっと頑張り続けている
 
そんな人の「人生の伴走者」になると決めてんねん。
 
 
  
そんな人が
 
頑張ることだけが目的ではなく
 
自分の本当の願望を見つけて
 
 
 
その願望が手に入った瞬間の
 
幸せな笑顔を見るのが何よりも大好きやねん。
 
 
 
今日も
 
そんな人の
 
人生の伴走ができて
 
幸せな一日やわ~。
 
 
ホンマにありがたいことです。
  
 
崎本正俊

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Leave a Comment