自分に対する期待 = 行動力

前回から引き続き、

 

「できない」を「できた」に変える

4ステップの話。

 

「できない」を「できる」に変えるには

「やりたい」を明確にする方法

 

 

大事なことだから、何回も書くで。

 

 

STEP1「やりたい」を拡大する

STEP2「できるかも」を引き出す

STEP3「やってみよう」と行動する

STEP4「できた」、新たな目標へ

 

 

STEP1から2へ行くことは

少々乖離があったりするねんけど、

 

 

STEP2へ行ければ、

STEP2「できるかも」を引き出す

STEP3はすぐそこやで。

STEP3「やってみよう」と行動する

 

 

なぜなら、

 

 

「できるかも!」という

自分への期待が

行動へと繋がるから。

 

 

 

「できるかも」と思うとき、

自分に対する期待が

心の中にあります。

 

 

自分に対する期待があれば、

自然と「やってみよう」と

行動をしたくなるねん。

 

 

このとき、

努力も苦労もありません。

 

大量のことをサクサクこなせるし、

やり続けていても全然疲れへん。

 

まさに没頭できている状態。

 

 

習慣的に没頭できるようになると、

物事の進み方が早くなり

不思議な位、うまくいくようになる。

 

 

一方、

「できるかも」と思っていないとき、

心の中には何があるか?

 

 

それは、

 

自分に対する疑いです。

 

 

「どうせうまくいかない」と

自分を疑いながら何かをするときは、

苦しいしかないねん。

 

心の中では、

本当はやりたくないねんから。

 

 

そこを無理にやっていくから、

 

→結果が出ない

→落ち込む

→私には価値がない…

 

という、

いつものスパイラルを、

またグルグルしちゃうんですね。

 

 

だから、

STEP2「できるかも」を引き出す

 

自分に対する期待を

膨らませることは、

非常に大事やねん。

 

 

 

そして、次。

 

STEP3「やってみよう」と行動する

 

 

「できるかも」と思い、

自己流のやり方でやってみたが、

結果が出ないときがあります。

 

 

ここで役立つものが、

方法論やスキルです。

 

 

方法論を取り入れるタイミングって

すごく大事やねん。

 

 

資格やスキルを取り入れるのは、

このSTEP3に入ってからやで。

STEP1やないからね。

詳しくは「できない」を「できる」に変えるには

 

 

そして、

新しい方法論やスキルを取り入るなら、

 

まずは

素直にやってみる勇気が大切です。

 

 

最初は、勇気がいるで。

 

やったことがないねんから、

そりゃ、勇気はいるよね。

 

 

でも、

勇気を出して1歩踏み出したら

今までとは違う世界が開けていく

 

だから、

「やりたい」を叶えていくことは面白いねん!

 

(続きはこちら)

「できなかった」ときの対処で未来が大きく変わってしまう

 

今日もありがとう。

 

 

崎本正俊

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします