行動を起こせない人の特徴

こんばんは。

“やりたいを叶える専門家” 崎本正俊(さっきー)です。

 

 

たまにな、

『やりたいことは明確だけど、

行動を起こせないんです』という人がおんねん。

 

 

行動を起こせない人の特徴は、

 

実は・・・

◆そこまでして、やりたいと思っていない

(そもそも、やりたいと思っていない)

◆行動する理由が明確になっていない

◆やった時の不安と恐怖が大きい

◆やりたい=楽しいと繋がっていない

など。

 

 

セミナーの中でよくあるパターンやねんけど、

 

「とりあえず、やってみろ!」と言われても、

「とりあえず、やる」ができない人って多いよね。

 

それはな、

人にはタイプがあるからやねん。

 

 

人は大きくわけて

【4つのタイプ】があるねん。

 

①とりあえず、やるタイプ

「とりあえず、やってみろ」という人は、「とりあえず、やれる人」だったから、そう言うねん。

 

 

②人間関係を大切にするタイプ

「とりあえず、やってみろ」と言った人との関係性が壊れるのがイヤな場合、無理やりにでもやるタイプ。

 

 

③目的が必要なタイプ

「とりあえず」が通じないタイプ。

「なんのためにやるのか」という目的が明確化できないと動けない。

 

 

④楽しいと感じたらやるタイプ

「楽しい」と感じたら動くタイプ。

 

 

自分がどのタイプなのかを知っておくことは大切やで。

 

 

そして、

行動できる感情を自分でどう作れるかが大切やねん。

 

 

行動すると、感情が動くねん。

だから、

感情が動けば、行動に繋がる。

 

感情に良い・悪いはないで。

恐怖感、劣等感でも感情。

 

行動をした先に、

何の感情を得られるかを知ることが行動に繋がっていくねん。

 

 

今まで自分のやり方で行動を起こせなかったのなら、

今を一旦手放すくらいの勢いでやる。

 

 

自分のやり方ではなくて、

成果を残すためには、

今までの自分とは違う行動が大事なんだと一旦腑に落とすことが大事やねん。

 

 

明日の20時配信のメルマガ
自分の感情がわからない方のために

【自分の感情がわかるようになるトレーニング法】をお伝えします。

 

今日もありがとう。

 

 

崎本正俊

 

〜『夏休み特別メッセージ』を配信中〜

【崎本正俊(さっきー)オフィシャルメールマガジン】

変わりたくて涙ぐましい努力をしているのに、
でも思うように変われていない自分に、もどかしさと悔しさと
そして孤独を感じているすべての人へ届けています

メルマガ登録はこちらをクリック

※Yahooメール等のフリーメールを使うと、迷惑メールフォルダに入ってしまう場合がありますので、プロバイダーアドレスをご使用ください。
※登録後5分以内にメールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダを確認してください。

※パソコン、スマートフォンのアドレスでの登録をオススメします。
※登録後は、メールマガジンが配信されます。
(配信解除はいつでも可能です。)

プライバシーポリシー >>

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Leave a Comment